読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perl -d をつかう 

s

一歩進む感じ (同時に一階層深く潜る)

n

潜りすぎたときに一階層浮かぶ感じ

b

b 行数 みたくしとくとそこで止まってくれる

p

p $var で変数をみる

x

x @ary とかで Dumper みたいな

R

最初からやり直し

. (dot)

今みてる行を表示

v
押下ボタン
s # ステップイン
n # ステップオーバー
Enter # s か n を繰り返す。

c 行番号 # 指定した行番号まで移動(行番号なしの場合は、ブレークポイントまで)
c 関数名 # 指定した関数まで移動

v 行番号 #行番号付近のコードを見る
. # 現在の行を見る

p 変数 # 変数を表示する
x 変数 # 配列、ハッシュを再帰的に表示する(便利)

b 行番号 # 指定した行番号にブレークポイントを設定
b 関数名 # 指定した関数にブレークポイントを設定